top of page

Sun, Oct 24

|

目黒区

【蟠龍寺】我妻恵美子舞踏ワークショップ

舞踏の身体操法の特徴は自分の体をからっぽの袋とイメージする点にあります。その中に水のイメージや植物、動物をイメージして、それらによって体を動かしてもらいます。全てを受け入れてまた受け流していく体の使い方は、西洋のダンスと違った身体へのアプローチを発見できます。自分のペースで体を動かすことができるので、初心者の方でも無理なくリラックスしながら日常の緊張をほぐしていくことができます。3回それぞれ別の内容です。1回のみ、①と②、②と③など2回、全3回参加の中からお選びいただけます。

Registration is Closed
See other events
【蟠龍寺】我妻恵美子舞踏ワークショップ
【蟠龍寺】我妻恵美子舞踏ワークショップ

Time & Location

Oct 24, 2021, 1:00 PM – 9:00 PM

目黒区, 日本、〒153-0064 東京都目黒区下目黒3丁目4−4

About the event

我妻恵美子 舞踏ワークショップ 

(*English follows)

▶ 日時

2021/10/24 (日)

①13:00-15:00 【基礎の動き・空っぽのからだ】

②16:00-18:00 【型によって動かされるからだ】

③19:00-21:00 【音によって動かされるからだ】

(各2時間)

▶ 開催場所

蟠龍寺

▶ 冥加料

1回 3,000円

2回 5,500円

3回 7,000円

*1回のみ、①と②、②と③など2回、全3回の中からお選びいただけます。

*当日現金でのお支払いをお願いいたします。

▶ 講師

我妻恵美子

▶ 注意事項

  • コロナ感染症対策のご協力をお願いいたします。手指の消毒、マスクを着用の上ご参加ください。風邪の症状がある方、37.5℃以上の発熱が続いている方、強いだるさや息苦しさがある方はご来場をお控えください。
  • 動きやすい服装と裸足でのご参加をおすすめしております。
  • 英語対応可能
  • 東京都の緊急事態宣言の発令等により、開催が中止となる場合がございますのでご了承ください。

▶ プログラム詳細

舞踏の身体操法の特徴は自分の体をからっぽの袋とイメージする点にあります。その中に水のイメージや植物、動物をイメージして、それらによって体を動かしてもらいます。全てを受け入れてまた受け流していく体の使い方は、西洋のダンスと違った身体へのアプローチを発見できます。自分のペースで体を動かすことができるので、初心者の方でも無理なくリラックスしながら日常の緊張をほぐしていくことができます。

①13:00-15:00

【基礎の動き・空っぽのからだ】

舞踏の身体操法は脱力している体の状態が基本になっています。この回ではリラックスした動きを中心に基本トレーニングを紹介していきます。

②16:00-18:00

【型によって動かされるからだ】

舞踏では変わった表情や動きなどが作品の中に登場します。この回では代表的な型をご紹介します。

③19:00-21:00

【音によって動かされるからだ】

舞踏の身体と空間はどのような関係性を持っているのでしょうか。この回では音を使って実験的にからだを動かしていきます。

▶ 我妻恵美子

Agaxart代表。早稲田大学文学部を卒業と同時に舞踏集団・大駱駝艦に入艦、麿赤兒に師事。2020年の独立まで全ての作品に出演。2015年に自らの振付・演出作品「肉のうた」にて第46回舞踏批評家協会新人賞を受賞。2020年、台北国際芸術村の滞在芸術家として選出、舞踏ソロ作品「Future Temple」を発表し第39回 Battery Dance Festival(ニューヨーク)より日本代表として招聘される。

▶ 舞踏とは

舞踏は1960年に生まれた日本発祥の身体表現です。初期の舞踏家たちは既成の価値観を疑い、自分の体そのものや忘れ去られた日本の文化を見つめ直し、それらを舞台芸術として再構築しました。この自分自身に向き合う姿勢は特徴的な世界観を確立し、世界中のアーティストに影響を与え続けています。

__________________________________

Emiko Agatsuma Butoh Workshop 

▶ Schedule

2021/10/24 (Sun)

① 13:00-15:00 [How to get an empty body? Basic training]

② 16:00-18:00 [Empty body is moved by the traditional Butoh form]

③ 19:00-21:00 [Empty body is moved by Sound]

(2 hours each)

▶ Venue

Vanryu-ji Temple

▶ Session fee

3,000 yen (1 session)

5,500 yen (2 sessions)

7,000 yen (3 sessions)

*You can choose to participate only once, twice such as ① and ② , ② and ③, or three times.

*Payment in cash at door

▶ Instructor

Emiko Agatsuma

▶ Precautions

  • We ask for your cooperation in preventing COVID-19. Please sanitize your hands and wear a mask when you come. Please stay home and contact a doctor if you have symptoms of a cold, a fever of 37.5℃, strong fatigue, or difficulty breathing, please stay at home and contact your doctor.
  • We recommend that you wear comfortable clothing and bare feet during the session.
  • It is conducted in Japanese and English.
  • Please note that the event may be cancelled due to the declaration of a state of emergency by the government.

▶ Program details

The point of Butoh basic training is to imagine that our body is an empty bag. The empty bag is moved by something. By trying to remove an intention, we are able to feel unconsciousness inside our body. This workshop is for all levels. Even beginners can enjoy Butoh training. They feel relaxed and find a new approach to their inner mind and body.

① 13:00-15:00

[How to get an empty body? Basic training]

Butoh body manipulation is based on the state of a weak body. In this session, we will introduce basic training with a focus on relaxed movement.

② 16:00-18:00

[Empty body is moved by the traditional Butoh form]

In Butoh, unusual facial expressions and movements appear in the work. In this session, we will introduce some typical kata.

③ 19:00-21:00

[Empty body is moved by Sound]

What is the relationship between the body and space in Butoh? In this session, we will experimentally move the body using sound.

▶ Emiko Agatsuma

Emiko Agatsuma is an award-winning professional Butoh dancer based in Japan and has performed internationally. She has been teaching dancers and the public for more than 15 years as well. Her mission is to boost people's creativity. In 2020, he was selected as an artist-in-residence at the Taipei International Art Village, and was invited to represent Japan at the 39th Battery Dance Festival in New York.

▶ What is BUTOH?

Butoh is a Japanese interpretative dance that was born in 1960. The most famous founders were Tatsumi Hijikata and Kazuo Ohno. As the reaction against the imported modern dance, Butoh dancers focused on their body and mind based on Japanese rural culture. This attitude established a unique body philosophy and Butoh keeps attracting artists all over the world.

▶ About AGAXART

Agaxart is the production team that produces innovative Butoh performances based on Emiko’s Butoh method and aesthetics, examining the interaction between body, mind and soul. Agaxart's Butoh performances deliver the diversity of the physical expression that is connected to unconsciousness.

Share this event

bottom of page